こどもが自宅でできる「視力回復トレーニング」









初めて子どもの近視を告げられた時、
「ガーンと頭を殴られたようなショック」を感じたり、
「まさか?どうしよう!」とワレを失ってしまったりすることは、
決して珍しいことではありません。

でも、自分を責めるのは、今日で終わりにしてください。
そこまで自分を責める必要はないのです。

なぜそう言えるのでしょうか?

近視って何?「病気」でも「異常」でもありません

60年前の5倍という数の近視の小学生を生み出しているのは、ズバリ環境の変化です。

子供たちの視力低下の最大の敵は?

また、特に最近、子供達の間にすごい勢いで普及しているアイテムがあります。
それは、『携帯型ゲーム機』です。

手元の近い距離で、小さい画面を凝視させ続ける携帯型ゲーム機は、「近視製造機」と呼んでも過言ではないほどの、危険性を持っています。

また、もうひとつ世の中にほとんど知られていない事実をお伝えします。

それは、「近視になりやすい気質」、というものが存在するのです。
人間の気質を、「集中型」と「散漫型」の2つのタイプに分けるとします。
このうち近視になりやすいのは、どちらの気質の持ち主だと思われますか??
集中型の子供は、近視になりやすい

答えは、ズバリ「集中型」です。

その受け継がれた気質が「集中型」である場合、親子ともども近視になる率は高く
なります。

普段私たちに「近視は遺伝」というように感じさせている原因は、実は「気質」にあるといえます。
つまるところ、近視は、現代の「環境要因」と個人の「気質」が大きく関わって生じる、一種の「環境適応現象」といえます。

ゆえに、防ごうと思っても、なかなか防げるものではないということは、無理もないこと…
だったのです。


近視の根本原因に働きかける、
唯一のトレーニングシステム!『眼育(めいく)』

『眼育』は、
そのようにもともと対処の難しい構造を持つ「近視」という
現象に対して、根本的に対抗するために練り上げられたシステムです。

『近視の進行を食い止めつつ、視力を向上させ、
 再び視力低下を起こしにくい眼を育てていくことを目的としたシステム』は、
ほかにはありません。

ちまたにあふれる既存のトレーニングや器具、装置、薬品、矯正手術などとは違い、
表面上の現象に振り回されるのではなく、根本的な原因に対して近視にアプローチ
していく――それが『眼育』の特徴です。
近視が「病気」ではない以上、対処の方法は「治療」ではありません。

そして、そこに視力回復の試みの大きなカギがあります。

1. 生活環境を改善し、近視の進行を食い止める
2. 眼のピント調節能力を上げ、視力を向上させる
3. 再び視力低下を起こしにくい「眼の使い方」を身につける

この一連の流れこそが、視力回復へのチャレンジ =『眼育』です。

小学生のうちに「近視になりにくい眼の使い方」を身につけることは、生涯に渡って、
お子さんの眼を守ってくれる可能性があります。

「凝視(ぎょうし)」は、眼に必要以上の力を入れる使い方です。
それによって『眼凝り(めこり)』状態が起こりやすくなることは、すでにお話したとおりです。
ゲームに夢中になっているときの眼の使い方は、まさにこれですね。
ですので、それとは正反対の眼の使い方を身につければ、近視にはなりにくくなります。

でも、日常生活で近くのものを「凝視(ぎょうし)」している時間が長い私たちが、
いきなり「さあ、やってみましょう」と言われても、なかなかできないのが現実です。
実行していくためには、知識と、それを体得するコツが必要になります。

そのコツを、視力向上のためのトレーニングと同時に身につける――
それが『眼育』の考え方です。


そして、その実現のため、眼の専門家たちの研究成果をベースに、 加速学習、児童心理学、身体科学、上達科学など、様々な分野の最新の研究成果を取り入れて設計され、
さらに数々の試行錯誤を経て完成したのが、
自宅用トレーニングキット「眼育ingBOX(メイキング・ボックス)」です。





>早く気づけば怖くない。ほっておけば手遅れ。それが近視というものです。












眼育のトレーニングは、CDをかけてしまえば、自動的に始まります。
今日はやろうかやるまいか…そんなことを考える前に、CDラジカセのスイッチを入れて
しまえばよいのです。
あとは楽しい音楽が流れ、音声ガイドのリードに沿って進むだけ。
難しいことは何もありません。

教室でインストラクターに指導されているかのように、トレーニングを進めることが
できます。
トレーニンググッズも使いますが、説明用の音声CDを聞いてやり方をマスターして
しまえば、自宅でも簡単に取り組んで頂けます。

ガイダンスに従っているだけで、適切な時間と回数でトレーニングが実施できるため、やり過ぎなど、オーバーワークの心配もありません。


<トレーニング構成の紹介>





『眼育ingBOX』は、「1ヶ月間返品保障付き!」です。

1. 会員専用のニュースレター発行
→ 視力向上に役立つ最新の眼育情報を、定期的にご提供いたします。
2. ご質問フォームによるサポート
→ ご不安な点や疑問に思う点などをご質問いただければ、個別にサポートいたします。  ※メール・FAX・お電話でお受けしますので、どんどんご相談をお寄せください。


子供の視力低下は、大人と比べて進行が早いのが特徴です。
視力トレーニングは、近視の進行度が浅いほど苦労が少なく、効果も得られやすく
なります。
できるだけ満足度の高い結果を得ていただくため、1日も早いお取り組みを、
お勧めいたします。


>早く気づけば怖くない。ほっておけば手遅れ。それが近視というものです。






歩いて健康的なダイエット